【すだれ着物バッグ】を久留米絣ファンに届ける為に!

日本のものづくり精神に魅了された仏デザイナーが工芸を縫い繋ぐ【すだれ着物バッグ】

現在、応援購入サービスサイト「Makuake」で新製品【すだれ着物バッグ】を先行販売しています。掲載期間は8月25日(木)~10月22日(土)です。福岡県八女郡広川町の工芸品「すだれ」と「久留米絣」を使用したデザイナーズバッグで、先行販売は3種類です。
応援購入サイト「Makuake」はこちらから。


プロジェクトを公開したものの、準備不足もありスタートダッシュがうまくいかず、どうすればこの製品をより多くの方に知ってもらえるか、日々考えています。

そんな中、「すだれ着物バッグ」のプロジェクトが公開された8月25日、SNSで8月27日に「絣フェスタ」があるという投稿を見つけました。久留米絣が好きな方が集まるであろう「絣フェスタ」なら、久留米絣を使った「すだれ着物バッグ」にも興味を持ってくださる方がいるかもしれない!と思い、会場である久留米シティプラザへ向かいました。

会場に入ると、私はとても驚きました。「絣フェスタ」の主催は久留米大学法学部の学生さんたちで、会場内ではその他にも多くの学生さんが声をかけて活気に満ち溢れていました。2015年から続く、学生が企画運営するイベントで、当初は約40人で始めたものが、今では約150人参加しているそうです。正直、絣というと若い人のイメージはまだ薄かったので、こんなにたくさんの学生、若い方々が「絣フェスタ」に関わり、久留米絣を大切にしたいという思いを持って動いていることに驚き感銘を受けました。

 

私は、今年23歳ですが、絣好きな親の影響で子供のころには、毎年のように久留米絣の工房をまわる絣まつりに遊びに行っていました。しかし、その頃は久留米絣の良さも知らず、どちらかというと年上の方が好まれるイメージで自分はあまり興味をそそられませんでした。今では工芸品に関わるようになり、久留米絣もとても魅力的でその歴史や文化モノを大切にしていきたいという思いがあります。

 

今回の「絣フェスタ」では、ステージ上でさまざまなプログラムが企画され、「久留米絣」の生まれた背景や製造方法を伝えたり、「久留米絣」を新たな発想でデザインされた衣装のファッションショーが行われたり、「久留米絣」の衣装を纏ったアーティストのパフォーマンスが行われていました。

私が子供のころに抱いていた「久留米絣」への印象とはだいぶ変わって、色柄デザインも進化しており、学生が出演していたファッションショーでの素敵な着こなしもとても魅力的でした。

今回の「すだれ着物バッグ」も、フランス人バッグアーティストが考案した「久留米絣」と「すだれ」を使用した新しいデザインのオシャレなバッグです。

 

「絣フェスタ」では、主催の方々に許可をいただき、会場のお客様に「すだれ着物バッグ」のチラシをお渡しし、説明させていただきました。

また、久留米大学の学生さんにも「絣フェスタ」のイベントチラシと一緒に「すだれ着物バッグ」のチラシも配布していただきました。ありがとうございました。

皆さんの「久留米絣」という伝統工芸品の魅力を伝えるための取り組みにとても感銘を受け、同じように工芸品を扱う私たちも、もっともっとその魅力を伝え活動していきたいと思いました。

 

まだまだ結果につながらず不安もありますが、このプロジェクトを成功させるために最後まで諦めずに頑張っていきますので、今後とも応援よろしく願いいたします!

 

「すだれ着物バッグ」の詳細は応援購入サイト「Makuake」をご覧ください。

 

スタッフブログ